開発経済学を学びたい人へ

開発経済学のゼミで読んだ、途上国の理解を深めることができる本達

『開発なき成長の限界 現代インドの貧困・格差・社会的分断 』の画像

1. 開発なき成長の限界 現代インドの貧困・格差・社会的分断

アマルティア・セン/ジャン・ドレーズ

ノーベル経済学賞受賞者アマルティア・センの大作。主にインドに関して書かれている。

ノーベル経済学賞受賞者アマルティア・センの大作。主にインドに関して書かれている。

『アイデンティティと暴力 運命は幻想である 』の画像

2. アイデンティティと暴力 運命は幻想である

アマルティア・セン/大門毅

これもセンの本。"平和"を語る上で"アイデンティティ"の理解は欠かせない。

これもセンの本。"平和"を語る上で"アイデンティティ"の理解は欠かせない。

『地球全体を幸福にする経済学 過密化する世界とグローバル・ゴール 』の画像

3. 地球全体を幸福にする経済学 過密化する世界とグローバル・ゴール

ジェフリー・D.サックス/野中邦子

環境、人口、貧困をテーマに、現状分析と今後の解決策が語られている。

環境、人口、貧困をテーマに、現状分析と今後の解決策が語られている。

『傲慢な援助』の画像

4. 傲慢な援助

ウィリアム・イースタリー/小浜裕久

援助のほとんどは無意味
「本当に有効な援助とは何か」

援助のほとんどは無意味
「本当に有効な援助とは何か」

『貧乏人の経済学 もういちど貧困問題を根っこから考える 』の画像

5. 貧乏人の経済学 もういちど貧困問題を根っこから考える

アビジット・V.バナジー/エスター・デュフロ

貧困問題の本質が何であるのか、考えさせられる一冊。日本も例外ではない。

貧困問題の本質が何であるのか、考えさせられる一冊。日本も例外ではない。

プレイリストの作者

breakthrough_w

この前まで世界一周してました!
最近は1日1冊以上大学のメディアで本読んでます。

他の #OOを理解するための本リスト

すべて見る  全ての OOを理解するための本リスト を見る