英語なのにまじて面白すぎて読むのが止まらなかった本たち

英語なのに面白すぎてすいすい読めちゃった本たち。勉強にもなるし本当に面白い。おすすめ順。

『経済は感情で動く はじめての行動経済学 』の画像

1. 経済は感情で動く はじめての行動経済学

マッテオ・モッテルリーニ/泉典子

本当に読んだのは「Nudge」という同じ著者の本。翻訳されてないかも。ダントツ一位。行動経済学に興味を持てたきっかけ。ノーベル経済学賞をとった筆者が書く「Nudge」。まじで面白い。行動経済学は世界を変える。

本当に読んだのは「Nudge」という同じ著者の本。翻訳されてないかも。ダントツ一位。行動経済学に興味を持てたきっかけ。ノーベル経済学賞をとった筆者が書く「Nudge」。まじで面白い。行動経済学は世界を変える。

『完訳7つの習慣 人格主義の回復 』の画像

2. 完訳7つの習慣 人格主義の回復

スティーヴン・R.コヴィー/フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社

かの有名な一冊。難しい単語が出てこないのでわかりやすい。ハウツー本が好きなら(私は大好き)すいすい読める。

かの有名な一冊。難しい単語が出てこないのでわかりやすい。ハウツー本が好きなら(私は大好き)すいすい読める。

『心あたたまる16杯のチキンスープ The magic of love:stories 』の画像

3. 心あたたまる16杯のチキンスープ The magic of love:stories

ジャック・カンフィールド/マーク・ヴィクター・ハンセン

翻訳されて16杯になってるけど、洋書では101の心温まる(心のためのチキンスープのような)短編ストーリーが載っている。長い本読むモチベがない日にさらっと数分で読めるし、本当に心温まる。寝る前に一つ読むと快眠できる。

翻訳されて16杯になってるけど、洋書では101の心温まる(心のためのチキンスープのような)短編ストーリーが載っている。長い本読むモチベがない日にさらっと数分で読めるし、本当に心温まる。寝る前に一つ読むと快眠できる。

プレイリストの作者

他の #今までに読んで良かった本リスト

すべて見る  全ての 今までに読んで良かった本リスト を見る