お気に入りの短編集ランキング

読書をしてみたいけど途中で飽きるかもしれない……という人に向いているのが短編集。お気に入りの短編小説や漫画のランキングです。

『グッド・バイ』の画像

1. グッド・バイ

太宰 治

太宰治の1番の魅力といえば、今なお共感できる負の感情を言語化している点だと思う。本作に収録されている「フォスフォレッセンス」は小説の技法としての新しさを感じさせるだけでなく、哀愁と華のようなたおやかさを兼ね備えている名作である。

太宰治の1番の魅力といえば、今なお共感できる負の感情を言語化している点だと思う。本作に収録されている「フォスフォレッセンス」は小説の技法としての新しさを感じさせるだけでなく、哀愁と華のようなたおやかさを兼ね備えている名作である。

『瓶詰の地獄改版』の画像

2. 瓶詰の地獄改版

夢野久作

掲載されている全ての作品が、物語としてのクオリティが高い。
特に「鉄鎚」は小説というジャンルの魅力が凝縮されている。短編小説の最高峰と言っても過言ではないだろう。
それ以外にもシンプルに面白い作品が多数入っているので、一番他人におすすめできる短編小説。

掲載されている全ての作品が、物語としてのクオリティが高い。
特に「鉄鎚」は小説というジャンルの魅力が凝縮されている。短編小説の最高峰と言っても過言ではないだろう。
それ以外にもシンプルに面白い作品が多数入っているので、一番他人におすすめできる短編小説。

『気楽に殺ろうよ(2) 藤子・F・不二雄[異色短編集] 2』の画像

3. 気楽に殺ろうよ(2) 藤子・F・不二雄[異色短編集] 2

藤子・F・ 不二雄

ドラえもんなどで有名な藤子F不二雄だが、短編集となると、大人なダークな部分が暴走している。

ドラえもんなどで有名な藤子F不二雄だが、短編集となると、大人なダークな部分が暴走している。

『カンガルー日和』の画像

4. カンガルー日和

村上春樹

村上春樹の短編集。長編とは違い、そこまで小難しくなく、気軽に読める。

村上春樹の短編集。長編とは違い、そこまで小難しくなく、気軽に読める。

『レベルE(上)』の画像

5. レベルE(上)

冨樫義博

幽遊白書、ハンターハンター の冨樫義博の短期連載されていた漫画。1話完結型なので読みやすい。作者の趣味全開の作品。

幽遊白書、ハンターハンター の冨樫義博の短期連載されていた漫画。1話完結型なので読みやすい。作者の趣味全開の作品。

『晩年改版』の画像

6. 晩年改版

太宰治

「人間失格」の後日譚とも言われている「道化の華」や、「めくら草子」、「葉」など、名作短編が揃っている。

「人間失格」の後日譚とも言われている「道化の華」や、「めくら草子」、「葉」など、名作短編が揃っている。

『螢・納屋を焼く・その他の短編』の画像

7. 螢・納屋を焼く・その他の短編

村上 春樹

「ノルウェイの森」のプロトタイプの「蛍」が収録されているほか、村上春樹の魅力の詰まった「納屋を焼く」もある。

「ノルウェイの森」のプロトタイプの「蛍」が収録されているほか、村上春樹の魅力の詰まった「納屋を焼く」もある。

『伊豆の踊子改版』の画像

8. 伊豆の踊子改版

川端康成

「伊豆の踊子」は言わずと知れた名作だが、必読すべきは「温泉宿」。生の人間関係が真に迫る。

「伊豆の踊子」は言わずと知れた名作だが、必読すべきは「温泉宿」。生の人間関係が真に迫る。

プレイリストの作者

他の #趣味全開でおすすめな本リスト

すべて見る  全ての 趣味全開でおすすめな本リスト を見る